さら

4月29日の夕方から、急に状態が悪くなっていた沙羅。
5月5日の午前3時45分ころ、
天国に旅立ちました。

預りブログの方では、腹水を抜いたあと、少し持ち直したことはご報告出来ていましたが、
胸水もたまって肺にも転移していたせいか、最後の数日間は息をするのがしんどくて、
ずっとお座りして頭を上に高めに上げていた沙羅。

少しでも楽にしてあげたくて、メンバーさんにアドバイスもらって、酸素室も借りさせて頂いていました。
もう、あとどれくらい持つだろう…。
そんなことも頭にはありましたが、
それでも、他の子達が散歩の準備を始めると、いつもと変わらず同じようにそわそわして…(^^;。
いいよ、沙羅も一緒に行こうねほっとした顔と、だっこしていっていました。
そして美味しいご飯もお腹一杯食べて、、、。
最後の晩も、そんなふうに過ごしました。
まさかその日に…なんて思ってもいませんでした。
酸素室に入りながらも、扉は少し明けていて、自由に出入り出来るようにしていて、
酸素室の側に寝ていた主人が息絶え絶えになった沙羅に気がついて、私を起こしてくれました。
最後に酸素室から自分で出てきて、ちゃんと目の前のトイレシートにおしっこして、
その後、ばたっと前肢から倒れてしまい、
息をひきとりました。
その時に最後にだっこできて良かったです。
あっという間の出来事でしたが、
本当に沙羅は私達に何の面倒もかけず、
沙羅らしく、天国に行きました。
皆さま、私に沙羅の預りをさせて下さりありがとうございました。
そして、充分な医療と酸素室まで借りさせて頂けたのも皆様のご支援のお力です。
最後まで凜とした最高のパピヨンでいさせてあげることができました。
本当にありがとうございました。

繁殖に使われていただろう沙羅が残した、たくさんの子供達が、沙羅のような辛い目に2度とあうことがなく、
幸せに暮らしていますように、それだけを願います。

最後に。
お仕事が落ち着かれる6月に、まだ沙羅が譲渡できる状態ならば、ぜひ迎えたいと言ってくださっていた元さんの里親様でもあるF様、お優しいお気持ち本当にありがとうございました。
元さんがわしの嫁さんになってくれ~と、言ってくれていたそうで(笑)
それもきっと楽しかったでしょうね(=^ェ^=)。

沙羅、また会おうね
今度はよいことばっかりだよ
IMG_2564


駆けつけてくれたみなさんからたくさんのお花と美味しいおやつを頂きました。
IMG_2568IMG_2567



IMG_2561


元さんの里親様がお忙しい中、お別れに駆けつけてくださいました。
ありがとうございました。
IMG_2562

沙羅を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。