無題

1585559022_86

もう11年前になります。


2011年4月、岡山市保健所に収容されてそのままお迎えがなければ殺処分だったシャーフちゃん。
当時、預りメンバーも少なく出せるキャパもないけれどどうしても助けたくて、急遽預りを募集していたところ、手を挙げてくださった玉野市のⅯ様が、半年間の預かりを経てそのまま里親様として迎えてくださいました。

その後11年弱、Ⅿ様ご家族とともに幸せに過ごしていたシャーフちゃんでしたが、
2月4日、天国に旅立ちましたと連絡を頂きました。


1月28日に突然てんかんのような発作がおこり、翌日病院に連れて行きましたが内蔵には問題なく、加齢による脳か神経系の発作とのことでした。


発作を抑えるお薬を頂きましたが、だんだん寝たきりになって飲んだり食べたりも難しくなって…。
あっという間に亡くなってしまいましたと。
ちょうどⅯ様がご出産後すぐだったので、ずっとおうちにいたので一緒にいれたし、調子が悪くなってから早かったので痩せることなく、苦しむ事なく眠るような感じでしたと。
それでも、まだまだあと数年は大丈夫だと思っていたのに逝ってしまって、、、。あまりに早かったのでさみしくで仕方ありませんと。
1585559063_227

1585559022_249




確か、シャーフは山の中で、何か罠のようなものにかかり身動きできないでいる所を保護され、、がりがりに痩せて、人が怖くて怖くて固まってしまっていた子でした。
そんな子を少しずつ慣らしてくれて、かわいい毛のふさふさのシャーフにしてくれたⅯ様。

出会った頃、まだ20代の若いおしゃれな女子なのに、猫ボラもして、シャーフも迎えてくれて、本当に芯のしっかりした娘さんだと思っていました。


Ⅿ様は里親になられた後も、会のメンバーとしてフリマやイベントの時には駆けつけてサポートしてくださっていました。

今でも私が覚えているのは、会の飲み会だったか何かの後、帰るのがとても遅くなってもこれから帰ってシャーフのお散歩に行くというので、
遅いから危ないよ…といっても、大丈夫大丈夫と、へっちゃらだったⅯ様。
本当に大切にしてくださっていました。

その後ご結婚されて家を出られても、お父様がとても可愛がってくださり、Ⅿ様も毎日のように実家に寄られてはシャーフに会ってくださっていました。
お付き合いも長いので色々な事を共有してきたような気持ちです。

前身の会の、初期の頃のレスキュー犬として、現在の幸せの架橋のパソコン用サイトの一番上の合成画像のメンバーにもなっているシャーフ。

最近は訃報の記事を書くことが本当に多くなり、その写真の中の子6匹のうち、4匹がお空にいってしまいました。
改めて、ああ、10年以上の時が流れたんだな…と本当に実感していて、私も昔からの大切なシャーフを亡くしてしまった感じがしてとてもさみしいです。

ちょうど連絡を頂いたとき、クロノを突然看取った後だった事もあり、
Ⅿ様のお気持ち、痛いほどわかりました。

それでも、シャーフはじめたくさんの引き出した子たちが、私達人間を引き合わせてくれて、
その子は天国に行ってしまっても、その子を中心に結ばれた人とのご縁はどこまでも続いていると思っています。

シャーフ、Ⅿ様と私達をつないてくれてありがとうね。

そして、M様。
しゃーふを最後まで大切に大切に守ってくれてありがとうございました。

しゃーふちゃん、
これからもⅯ様ご家族を見守っていてね。

旅立つ1週間前にM様のお膝で甘えるしゃーふ。
    1585558952_226


    1585546546_38

追記。
個人の猫ボランティアとしてもずっと活動されているので、現在も募集している子猫も協力枠で里親様募集をお手伝いさせていただいています。
どうぞ応援のほどよろしくお願いいたします。

シャーフちゃん 安らかに・・・