訃報が続きます。
2015年10月、センターから引き出したリリーが虹の橋を渡りました。


リリー2


10月21日。
リリーが旅立ちました。
2015年のクリスマスの日に、
吉備中央町のⅯ様に正式に迎えられて7年弱。

3f1a8d6a-s


豊かな自然の中で、羊の牧場を営んでいらっしゃるⅯ様ご家族。
先にうちの会から迎えられた先住犬のうららちゃんと一緒に、
とてもとても理想的な幸せな生活を送っていたリリーでした。
譲渡後も元々フィラリア陽性だった事や、
歯が悪くなったりしたこともあり、こまめに病院に行って下さり、
一つ一つ乗り越えていってくださいました。

日々の感謝をお伝えすると、
羊さんを毎日お世話されていて、病気や出産で命に向き合う事もあり、
その都度ご自分の知識や判断を問われるお仕事で、
ああ、あの時こうしておけばよかったとか思う事もあるそうです。
その中で、「同じ間違いはしない、私にできることをすぐにする」
と、心に決められ、
うららやリリーに関しても、そう言ってくださっていました。


リリー1


ee1d662d-s

預かりの私とⅯ様はSNSでつながっているので、日々の大自然の中でのお仕事の事や、
リリーとうららの様子、羊さんの事を知ることが出来ていました。

膀胱炎を繰り返したり、
今年に入って肺炎や貧血になったりと、徐々に元気がなくなってきた様子に心を痛めていましたが、
その都度復活した様子でした。
でも亡くなる前の月、肺がんが見つかって、、
食欲もなくなりしんどそうでしたが、それでも手厚く看て下さっていました。
自力で起き上がって、お外をよちよち歩いたり出来て、まだまだこれから復活も…という矢先、
突然、夜中に旅立ってしまったと。
リリー3


312173327_3261978654116424_4302042913996589310_n


ご連絡を頂いたとき、あまりの急さにショックしかありませんでした。
Ⅿ様も大変な悲しみの中報告を下さって、いたたまれませんでした。
が、その後、荼毘にふしてきちんと見送って下さいました。

うららはリリーがいなくなった事が分からなくて、
最初、お散歩にいってもリリーがいるか何度も何度も振り返って確認しようとしたり、
お骨と一緒に帰ってきたら、、リリーが帰ってきたと思ってぴょんぴょんはねて喜んだり、、、。
その後、3日間、声が出なくなったうらら。
リリーが寝ていた場所で寝ようととしたり、寝付けなかったり。。
でも、ご家族が必死にうららを励ましてくださり、元のうららに戻ったそうです。


1か月がたち、撫でたり足を触った感触は少しずつ薄れてくるものですね。
でもまだ私達はリリーに話しかけながら生活しています。

今日、ご連絡したらそうお返事くださったⅯ様。
毎日の生活の中で、リリーの存在をずっと忘れないでいて下さる事に
これ以上のうれしさはありません。
312615717_3262905600690396_270343587114706500_n

とても美しく、飼い主に忠実で、誇り高きセターのリリー。
この子もどこで遺棄されたのかもわかりません。
家族が大好きなので、必ず人に育てられた子。
毎度思う事ですが、
リリーも今度生まれた時はまっすぐにⅯ様の所に迎えられるように。

そして、7年の間これ以上ないくらい手厚い愛情と、
そして力の強いセターのリリーを、
トレーニングし直したりと最高のケアをしてくださったⅯ様ご家族に感謝しかありません。


そして、わが会卒業っこのうらら。
まだまだⅯ様宅で元気にずっと幸せに暮らすんだよ。
リリーもずっとお空から見守っているからね。

312247664_3272297529751203_7299156982316943193_n


Ⅿ様、本当にありがとうございました。